キャンプ道具

ルーフラックとボックスでキャンプの荷物がすっきり!

更新日:

こんにちは!プコローです。

キャンプの荷物ってめちゃくちゃ多くないですか?
最初は余裕があったのに、道具もどんどん増えていくしこれ以上乗り切らない…なんてことんも。

我が家はキャンプデビュー早々に荷物が多すぎることに気付いてるルーフキャリアを導入しました!
ルーフラックを使い始めて、荷物にも余裕がでたし荷物の移動も楽になりました。

荷物が多すぎて困っている方はぜひルーフキャリアをおすすめします。

ルーフラックって?

出典:inno.

ルーフラックとは車の上部に取り付けるラックのこと。
車の上部に取り付けるものとしてはルーフボックスもあります。

ルーフキャリア(ベースキャリア)と言われるバーを付けたら、ルーフラックかルーフボックスを取り付けます。(※メーカーによって名称が違います)
他にはスキー・スノボの板を取り付けるものや、自転車を載せるものなどあります。

キャンプなど、普通の荷物を載せる目的であれば基本的にルーフラックかルーフボックスを選びます。

ルーフラックを取り付けることによって荷物を車の上部に載せることができるので、かなり積載量がアップします。

キャンプの荷物はかなり多いです。たくさん積み込み過ぎてバックミラーで後ろを確認できない…なんてことありませんか?
家族で出かけているならなるべく安全に運転したいですよね。

車の大きさを変えるのはできませんが、荷物を載せる部分を増やせばかなりすっきりしますよ!

ルーフラックを取り付けるデメリット

やはりメリットだけではありません。
・取り付ける物にもよりますが、燃費が悪くなる。
・駐車場の高さ制限など注意する必要があります。
・購入するお金がかかる。

でもたいしたデメリットではありません。我が家では荷物の積載にかなり余裕ができたメリットのほうがかなり大きいです。

 

ルーフボックスよりルーフラックがいい

ルーフボックスを使っている方もたくさんいますが、我が家はルーフラックを選びました。
ルーフボックスのほうがかっこいいですよね。見た目で選ぶならルーフボックスだけど、いろいろ調べてキャンプにはルーフキャリアのほうがいい。
その理由はいくつかあります。

取り外すのが手間

ルーフボックスはつけっぱなしにしておくと風の抵抗や、重量によって車の燃費が悪くなります。

多くて月に2,3回しか行かないキャンプ。その他の日も付けておくのも燃費が悪くなるし、かといって取り外すのも面倒。
何より使わないときに保管しておくスペースがない。
よっぽど大きな物置があればいいですが、なかなかの大きさなので邪魔ですよね。

その点ではルーフラックなら荷物をそのまま載せるだけ。

また我が家でも使っているRVボックスは一つ一つがそこまで大きくないのでそのまま倉庫などにしまうこともできます。
ラックはつけたままでもルーフボックスよりは燃費は悪くなりません。

RVボックスならそのまま収納したり運んだりできる

我が家はルーフラックの上にRVボックスを載せて使っています。
このRVボックスには直接道具などを入れており、使わないときはこのまま倉庫へ。
キャンプ場でもそのまま降ろしてサイトに置きます。

ルーフボックスだと中身をわざわざ出さないといけません。わざわざ高い位置から出し入れを毎回するのって面倒です。

ルーフボックスの形が使い辛い

出典:inno.

RVボックスは長方形なので整理して物をしまいやすい。
でもルーフボックスは形が真四角ではないので、意外と物が入らない。

見ると分かると思いますが、ルーフボックスは真ん中で蓋が開く作りです。
ということは一番上まで荷物を積むのはなかなか難しい。たくさん詰め込むと開けたときにバタバタっと荷物が落ちてくるかも…
その点RVボックスは一番上までパンパンに荷物を積むことができます。

私はRVボックスの一つは調理器具など細かいものをまとめて入れてあります。
RVボックスはルーフラックを使っていない方でもキャンプで使っている方も多い。いろいろな物を入れれるし使い分けることができるから便利なんです。

ですがルーフボックスだとこういったことができないので、テントやタープやイスなどと入れれるものが限られてきます。
細かいものを入れたければ、袋などを用意してまとめないといけません。

いろいろ工夫して使える

出典:inno.

RVボックスを載せることもできますし、直接テントやタープなど載せてネットで固定することもできます。
ルーフラックなら状況や荷物の量によって使い分けができます。
ですがルーフボックスだと同じような使い方しかできません。

キャンプの時だけでなくいろいろなシーンで使いやすいです。

 

ルーフラックとルーフボックスの価格差

メーカーや選ぶサイズによって値段はかなり変わってきます。
特にルーフボックスはサイズがたくさんあり、高いものだと10万円を超えるものも…

ラックもそこそこな値段しますが、ルーフボックスよりは比較的安いです。

ただし、購入すれば長く使えるものなので安さだけで選ばないように。
自分のスタイルにあった方を選ぶことをおすすめします。

設営が楽に

積み込む作業も、降ろす作業もルーフラックを購入してから断然楽になりました。
RVボックスをラックにベルトで固定する作業はありますが、慣れてしまえば2,3分でできちゃいます。

大きいボックスを車に積むとかなりの場所を取るけど、小さなボックスだと何個も運ばなきゃいけないですよね。
我が家ではRVボックスに細かな物を入れているので、そのままサイトに置くだけ。
ドカンと大きいボックスを置いているので、おしゃれではないけど気にしない。

積み上げることができるので、3つのボックスは保管もそのまま倉庫に入れているだけなので楽ちんです。

ルーフラックで荷物のイライラもスッキリ

どうにかこうにかテトリスのように詰め込んでいた荷物。
一度は入った荷物が、入れ方をちょっと間違えるだけで入らないってこともありました。

だけどルーフラックに荷物をたくさん載せられるようになってから積み込みをいちいち考えなくて済むようになりました。
子供も狭い場所に座る必要もなくなったし、寝転べるように。

キャンプを始めてからすぐに導入して本当に良かったと思います。
ぜひ荷物の多さで困っている方はルーフラック(ルーフボックス)も検討してみてくださいね!

-キャンプ道具

Copyright© プコログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.