キャンプ道具

初めてのファミリーキャンプはスノーピークのアメニティドームに!

更新日:

キャンプを始めよう!と思ったらまず何をしますか?

そう!キャンプ用品を揃えることです。

その中でも一夜を過ごすとなるテント。

我が家の初めてのテントはスノーピークのアメニティドームMにしました!

 

 

ファミリーキャンプにおすすめのテントを探す

値段もピンキリで、メーカーもたくさんある。

テントが高いことは知っていたのですが、10万円超えるテントもあるんですね…

 

メーカーなんてコールマンくらいしか聞いたことがない…(;'∀')
スノーピーク…?ロゴス…?こんなにキャンプ用品のメーカーがあるんだ…

何を基準に選べばいいんだー!ということで

旦那に丸投げ(笑)

 

「スノーピークのアメニティドームMがいいみたい」

珍しく旦那が調べてくれたので、スノーピークのアメニティドームにほぼほぼ決定。
ネットで調べてみると確かにアメニティドームを使っている人も多いし初心者におすすめしているみたい。

でも使っている人が多い=みんなと一緒=つまらない

でもでも!みんなと一緒ということは失敗はないかな?!ということで…

とりえずキャンプ用品を物色しに新しくできたアルペンアウトドアーズへ。
アルペンアウトドアーズはその名の通りアウトドアに特化したアルペン!!

テントもいくつか展示してありました。
アメニティドームももちろん展示されていましたが、気になったのはエントリーパックTT

テントとタープがついて、5万円ちょっと?!
安い…‼

めんどくさがりな旦那はもうこれでいいんじゃない?と

うんうん。これ買えばタープを考えることもないしこれでいいいかなぁーと思っていたのですが…

 

アメニティドームとエントリーパックTTのテントの違い

ド素人の私には一見同じテントに見えましたが…
実はエントリーパックTTのテントはアメニティドームではなく、ヴォールトというテント。

 

アメニティドームM エントリーパックTT(ヴォールト+タープ)
インナーテントサイズ 270×270cm(正方形) 縦220cm×横285cm(台形)
ドーム型テント カマボコ型テント
対応人数 5人(大人2人 子供3人) 4人 (大人2人 子供2人)
価格(税抜) 32,800円 49,800円

アメニティドームMのほうがインナーテントは広いです。

ただ寝るだけなのでヴォールトでも十分です。
そして全室がヴォールトのほうが広い。
全室は広い方が荷物など置けるので便利ですね!

何よりタープとセットなのにこの安さ。

・・・え?エントリーパックTTのほうが良かったかな(;'∀')

いろいろなサイトでもエントリーパックTTは絶賛されていますね!

特にこだわりがないのであれば
安いしスノーピークだし、初めてのキャンプで迷ったらエントリーパックTTにしとけば間違いないです。

 

私がアメニティドームMにしたワケ

エントリーパックTTをおすすめしておきながら、なぜ私がエントリーパックTTにしなかったのか。

それはタープをコットンタープにしたかったから!

キャンプをしている知り合いにいろいろおすすめを聞いている中で
コットンタープをおすすめしてもらいました。

コットンタープはメーカーによって違いはありますが、
・コットンタープは遮光性がよくポリエステルタープよりも涼しい
・火の粉が飛んできても穴が空きづらい

やっぱり夏のキャンプの時などは涼しいに越したことはないですよね~
特にぷころー家はみんな暑がり…

それにエントリーパックTTのタープがあまり好きじゃないんです。
何がって形。

ヘキサタープってかっこいいんですが、なんか日陰になる部分が狭そう。
いや…きっとヘキサタープにもいいトコロいっぱいあるんですよ…
でもでも!
素人にはそう思えたんです。

そこでコットンタープを探しているとタトンカタープというものを発見!
タトンカタープ1TCは正方形だし、いろいろな張り方ができそうでこれにしよう!

ということでタープが一番最初に決まりました!

コットン?ポリエステル?初心者のタープ選び

ツールームテントも魅力的

いろいろなサイトでファミリーキャンプにはツールームテントが便利でおすすめという情報がのっていますね。

テントとリビングスペースが一体となったツールームテント。

ツールームテントのいいトコロ

・テントとタープよりも荷物が少なくて済む
・テントとタープより設営が楽
・冬はクローズすれば寒さをしのげる
・夏はクローズすれば虫の侵入を防げる

 

でもデメリットも多く、ツールームテントは干すのも大変みたいだし、夏はタープに比べると風通しが悪いので暑い。
キャンプにはまって冬キャンもするようになったら、また考えればいっか!ということでテント+タープにすることに。

 

はじめてのテントはアメニティドームM

やっぱりスノーピークは日本のメーカーだし、いろいろなところでアメニティドームMが初心者におすすめされているし値段も手ごろなのでアメニティドームMにすることに。
子供もまだ小さいのでMでも十分。

キャンプしている人ってみんなテント買い替えたりする人も多いみたいだし、飽き性なのでいずれまた他のテントが欲しくなると思うので最初はアメニティドームにしました。

ちょうどヒマラヤで20%OFFsaleやっていたのでアメニティドームMを購入!

キャンプ用品は高いものが多いので20%OFFってかなりありがたい!sale期間中に買うことをおすすめします。

キャンプ用品は中古もアリ

ぷころーは結局新品で購入しましたが、キャンプ用品は中古でたくさんあります。

探したりやり取りなんかがめんどうなのでぷころーは全て新品にしましたが…

テントやタープはもちろんですが、キャンプ用品ってみなさん買い替えることが多いみたいですね。
メルカリやヤフオクで見ると数回使用したのみでキレイな状態のものもたくさんありました。

状態にもよりますが割ときれいなものでも新品より2~3割安く売っているので、とりあえず中古で集めてみるのもいいですね!
そして自分が買い替える時はメルカリやヤフオクで売れば次の資金になります。

こういったフリマアプリなどを活用すると節約になりますね。

キャンプ用品をレンタルする

キャンプ場には基本的にレンタル用品が用意されています。

テントやタープはもちろん細かなものまで。
意外と細かなものはレンタルでいっか!と思いがちですよね。

逆に高額なテントやタープはレンタルしてみるっていうのもいい方法です。
特に初めてテントやタープを購入しようとしている人はテントがどんな感じなのかさっぱり。
だからこそレンタルしてみてから購入するテントを決めるのもアリ。

-キャンプ道具

Copyright© プコログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.