キャンプ道具

本当に必要なクーラーボックスのサイズは?ハード?ソフト?

更新日:

こんにちは!

情報を鵜呑みにして、約50Lのクーラーボックスを購入して失敗したなと思っているプコローです(;'∀')

キャンプはもちろんBBQや運動会などでも大活躍のクーラーボックス。
ソフトタイプや小さいものはもっているけど、キャンプ始める際に大きいハードタイプを購入するファミリーは多いと思います。
私もその一人。

どれくらいのサイズがいいのか?
やっぱり保冷力ならハードタイプがいいかな?
と調べる方も多いはず。

でも実際にキャンプをしてみないとわからない!

私はクーラーボックス選び失敗しました!
なので始めてすぐ買い替えました(笑)

私の失敗談とともに、自分のキャンプスタイルに合ったクーラーボックスを見つけてくださいね!

ファミリーなら大きいサイズ?

ほとんどのサイトや本にはファミリーなら40ℓ~60ℓのハードクーラーボックスがおすすめとあります。
私も実際にいろいろ調べて購入したのはColeman(コールマン) クーラー エクストリームホイールクーラー/50QT です。
ハードクーラーボックスといっても保冷力に違いがあるそうで、ホームセンターで売っている安いクーラーボックスは全然保冷力がダメ!とか書いてあります。
そこで選んだのがこのクーラーボックスです。保冷力もそれなりにあって値段もそこまで高くない。容量も47ℓでちょうどいい。
そう思って購入したクーラーボックスですが失敗したな~と一回目のキャンプから思いました。

車に積んで大きさにびっくり

容量がそれなりにあるので当たり前ですが
かなりの場所をとるのです。
大きい車ならまだしも、我が家はプレマシー。そこまで広くありません。

キャンプ場で車からサイトまで運ぶときもキャリーワゴンに載せると半分くらい場所とるんです。
他のものが全然乗らない。

入れるものが少なかった

私はキャンプではあまり凝った料理は作りません。
だいたいメニューは決まっているし材料も少ない。
レトルトや出来合いの時も多い。

なので冷やさなきゃいけない食材も少ないのです。

2泊3日のキャンプでも余裕があるくらい。

キンキンに冷やす必要がない

保冷力、保冷力というけれども、ただのキャンプで保冷力ってそこまで必要か?
と今は思います。
安いクーラーボックスでもきちんと保冷剤と入れれば半日は絶対冷えてますよね?
そもそもキンキンに冷やさないとダメな食材って何?ないですよね。
そもそも真夏の暑いときは痛みそうなものは買わない方が安全です。

お酒も旦那が1,2缶飲むだけでその他の飲み物はキンキンに冷やす必要がない。

重い

たくさん入れればかなり重いです。
持てません。私が買ったクーラーボックスはローラータイヤが付いてますがこのタイヤもプラスチックの簡易的なローラーなので頼りない。
二つに分けた方が持ち運びやすい。

タイヤが邪魔

タイヤ付きが良かったわけではありませんが、コールマンやイグルーのこのサイズのクーラーボックスがタイヤ付きだったので…
タイヤがあることによって、外も中も真四角じゃないんですよね。
結局タイヤを使って運ばないし、邪魔なだけでした。

キャンプスタイルにあったクーラーボックス選び

以上のことを踏まえると我が家にはこの大きなハードクーラーボックスは邪魔なだけ。
ということでいろいろ考えた結果、小さめのクーラーボックス+ソフトクーラーボックスがベストということになりました。

我が家と同じようなスタイルならおすすめの組み合わせですよ!

・料理の品数が少ない
・生ものはあまり買わない
・お酒は2,3本で十分
・なるべくコンパクトにしたい

20ℓ~30ℓのハードクーラーボックス

ペットボトルなどの飲み物は重いしソフトクーラーボックスだと持ちづらいのでハードクーラーボックスに。
初めに買ったクーラーボックスのサイズ違いを購入しました。
値段も安めで保冷力も十分なので。
Coleman(コールマン) クーラー エクストリームクーラー/28QT
これは26ℓですが2ℓのペットボトルが6本入るのでちょうどいい。
私がいつも持っていく飲み物は、凍った水1本(2ℓ)+凍ったお茶1、2本(2ℓ)+冷えたジュース一本(2ℓ)+お酒2,3缶。
お水は飲めるお水を凍らせていくので、だいたいお茶は1本です。足りなければ自販機で買いますがだいたい1本で足ります。

POINT

私はいつも2ℓのペットボトルに水を入れて凍らせたものを一本保冷剤代わりに持っていきます。夏はお茶も凍らせていきます。
キャンプ場について凍ってて飲めない場合は少しの間外に置いておくとすぐ飲めるようになるし保冷剤を別で用意しなくていいのでオススメ。
保冷剤も邪魔になるし意外と高くてもったいないですからね!

予備のソフトクーラーボックスは食材用

ソフトクーラーボックスの良いところは使っていないときはコンパクトになること。
だけど保冷力はイマイチ。
でも使い方を工夫すれば問題ありませんよ!

例えば、我が家では朝食はホットサンドなどのパン食がほとんどです。
なので朝まで置いておく保冷が必要な食材はハムとチーズのみ。卵(暑い日は保冷しましょ!)やツナ、パンは常温でも大丈夫ですから。
だから夕飯が終わって、ハードクーラーボックスに余裕ができたらソフトクーラーボックスの中身を移動しちゃいましょ!

朝食に焼き魚とか生ものを使う場合は最初からハードクーラーボックスに入れてくださいね!

小分けにした方が使いやすい

我が家では食材用と飲み物用の二つに分けてありますが、もしこのサイズで足りなかったらまた買い足してください!
クーラーボックスは大きい方が保冷力が高いといわれていますが、中ががら空きだと意味がありません。
「大は小を兼ねる」と言いますが、クーラーボックスに関しては当てはまりません。

キャンプは毎回食材の内容も違えば量も違います。
なので二つで足りなければ、予備にもう一つソフトでもハードでも持っておけば安心。

小さめサイズを2,3個持っていれば、食材の量、飲み物の量、季節、人数によって使い分けることができます。
小さめサイズならキャンプだけでなく日常でも使えますしね!

毎回使うものだからよく考えて!

我が家のように、大きなクーラーボックスが必要ないファミリーも多いと思います。
こればかりはキャンプをしてみないとわからないので、初めてのキャンプには手持ちのクーラーボックスを使うのがおすすめ。

クーラーボックスが一つも家になかったら、事前に食材と飲み物を買って、量を確認してみてください。
保冷しなくていい食材はもちろん別にしてくださいね!

もう一つ、注意点は
必ず店頭でクーラーボックスのサイズ確認してくださいね。
50ℓ前後のクーラーボックスはかなりデカイ。
それを車に積むとかなり邪魔ということ。

クーラーボックスを使わないキャンプはないからこそ、使いやすくて邪魔にならないクーラーボックス選びが重要です。
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

-キャンプ道具

Copyright© プコログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.